忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先取り


auが先手。2013年の6月~7月にもしかしたらdocomoが、iPhone5S取り扱うかもしれないとの情報。それを受けて、auがdocomo対策として取ったスマートフォン戦略が、「iPhone下取り」。このiPhoneの下取り、すでにソフトバンクがこのサービスを行っているのです。最新機種のiPhoneに買い替える場合、それまで使っていた機種を下取りするというサービス。しかしこの下取りサービスを行うには、古物商の許可が必要なのです。なのでKDDIは各都道府県で、中古品の売買に必要な古物商の許可申請を進めているとのこと。docomoがiPhone参入を決めた場合、顧客がdocomoに流出してしまうかもしれない・・・ということで、KDDIが取った戦略が、iPhone下取りサービスなのです。う~ん・・・、docomoがiPhone参入しても顧客は流れないと思うんだけどなぁ・・・。だってdocomo高いもの・・・^^;。

複数サイトの共通部分が同じ記述でも不利益は受けず。コンテンツは?

退行して自分の過去世を知るには
退行 催眠

「1サイト1被リンク+ROS被リンク」と「1サイト1被リンクのみ」の違い
1サイト1被リンク、リンク設置ページのインデックス登録に時間掛かる
一定期間毎に変わるGoogle検索アルゴリズムのパターン。順位変動原因
被リンク対策中のURLの検索順位は安定せず上下に動くのが普通
輸入・内需型企業は余力ある内にSEO対策した方が良い。円安増税の逆風
ムーアの法則に乗ってGoogle検索エンジンは進化。能力は2年で倍増
SEO情報の大半は観念。「現実」に基づいたSEO対策情報のみ収集価値有り
「QDF」と「不動の1位表示」ではSEO対策の方向異なる
安い低価格SEO対策や激安被リンクサービスではSEO競争に勝てず敗ける
競争激化で上位表示に要する期間長くなる。年々厳しさ増すSEO競争
ペナルティ最も多いのは被リンク周り。コンテンツ周りもあるが少ない
短期間結果が出てそれで終わるのが中小検索エンジン登録代行サービス
「迷ったら動かない」(やり方を変えない)。SEO・被リンク対策の鉄則
PR